ホーチミンでのんびりしながら2つの事に集中します

4月にベトナムホーチミンに移住します。

 

ホーチミンではのんびりしつつ2つの事に集中します。

  • ブログにコミットする
  • IT系の大学でお勉強

何もない自分は、やるべき事に集中してコツコツ積み上げるだけですね。

 

ブログにコミットする

このブログで下記3つを書き続けます。

  1. ベトナムでの働き方
  2. ベトナム人との結婚生活
  3. ベトナムの食事情報

それでは見ていきましょう。

 

①ベトナムでの働き方

結論としては「日本円を稼ぎつつ低コストで生活する」方法です。

 

私の場合だと、リモートワークでのプログラミング講師や、もうひとつ運営しているブログからの収入です。このブログでSEOやWEBライティングについてデータが集まってきたので、現在コツコツ育てております。

 

では、なぜこのテーマで書き続けたいのか。それは、「ベトナムに移住したいけど仕事どうしよう。貯金もたくさんあるわけじゃないしな~」て方がけっこういるんじゃないかと思うから。

 

ツイッターを見てるとベトナムに興味をもってる方が多いし、また、ベトナムの経済がすごく伸びていて、今後さらに成長が加速していくと予想されています。

 

そうなると、「ベトナムに住みたい!」って方は比例して増えるでしょうし、ベトナムでどう仕事するかの情報はとても価値があるはずです。

 

なので、高卒でベトナムでは就職できない私でも、「コツコツ積み上げれば自力で稼げるし生きていけるんだぜ!」ってのを証明します。

 

②ベトナム人との結婚生活

ベトナムで送るベトナム人との結婚生活もブログで書いていきます。

 

私はいま10歳下のベトナム人女性と付き合っており、名古屋とホーチミンでの遠距離恋愛です。そのベトナム人彼女と今年の秋ごろ結婚予定です。

 

記事の内容は、結婚式から始まり、親戚付き合い、日常生活、金銭感覚、子育てなどなど、晒せる範囲で、なおかつ詳細にお届けします。

 

遠距離恋愛の今ですら、文化や考え方の違いをけっこう感じてるので、結婚となれば想像をはるかに超える生活が待っているでしょう。

 

てことで、ベトナム人女性と結婚してベトナムに住んだらどんな生活になるのかを書いていきたいです。お楽しみに^^

 

ひとつだけ100%の自信を持って言えるのは、”私がベトナム人彼女に尻に敷かれる“です。これは間違いない。

 

③ベトナムの食事情報

“安くてうまい!”ローカル飯を深堀したいです。

 

私が住む予定のホーチミン市トゥドゥック区は『学生の街』と言われており、彼女によると安くてうまい飯がたくさんあるそうです。なので私の目的達成にうってつけ。

 

「ベトナムの飯ネタって、すでにインターネット上にたくさんあるんじゃね?」てなりそうですが、インスタやGoogle先生で検索してみると、観光客向けのお店情報はたくさんありますが、地元民だけが行くようなローカル飯ってなかなか見つかりません。

 

ただ、”観光客向けではなくローカル情報が欲しいんだ!“って旅行好きはけっこう多かったりします。少なくとも私と周りの旅行好きはそうです。てことで、ホーチミンに住むときはローカル飯を徹底的に追求します。

 

と言いつつ、前回のベトナム旅行では安牌ばかりでしたが^^ その悔しさも晴らします!

 

IT系の大学でお勉強

ベトナムホーチミンで大学に通う

大学では下記を集中して学びます。

  1. プログラミングを学ぶ
  2. ベトナム語を学ぶ
  3. 英語をベトナム語で学ぶ

順番に説明します。

 

①プログラミングを学ぶ

ホーチミンにあるIT系大学で、プログラミングをしっかり学びたいです。これまで独学でHTML&CSS・JavaScript・jQueryはやってますが、大学で基礎→応用→専門まで体系的にがっつりいきます。

 

理由はひとつ。

プログラミング講師の仕事に役立てるため。

 

小学生にプログラミングを教えてまして、いまはすごく簡単な内容なんですが、生徒の中には覚えが早くてすごく伸びる子がいます。おそらく春にはコーディングも教え始めます。

 

すると、講師にもそれ相応の知識やスキルが求められるのは明白です。これまで「やる気を出させるのがうまい」ってことで評価されてきましたが、それも厳しくなります。

 

なので、生徒の好奇心や知識欲にしっかり応えられるよう、がっつりプログラミングを学びます。

 

②ベトナム語を話せるようにする

言うまでもなくベトナム語は生活必需品です。買い物・外食・ホテル・役所・病院などの日常生活はもちろん、ベトナム人彼女の弟や親戚との関わりが深くなりますから。

 

もちろん独学で続けていますが、ラジオは聞き取れてもベトナム人の同僚たちがネイティブスピードで話すとまったく聞き取れません。

 

やはり、環境を変えてベトナム語漬けの毎日にする必要あり。大学の授業やベトナム人の友達もつくって、強制的に脳みそに叩き込みます。

 

あと、完全に眠ってるFacebookにベトナム語で記事や動画を投稿したいってのも理由。日本人の友達はゼロ、ベトナム人彼女つながりで数人のベトナム人とだけ繋がってます^^

 

ベトナムに住む日本人が感じる、日本とベトナムの違いを発信する予定です。

 

③英語をベトナム語で学ぶ

大学では英語も学びます。がっつりいきます。当然、授業はベトナム語で英語を学ぶことになるでしょう。なので、自習でも英語をベトナム語で学びます。

 

その前にいまはベトナム語を上達させるステップ。習得した韓国語でベトナム語の単語を覚えています。

つまりこんな感じで↓

  • 日本語で韓国語を学んだ
  • 韓国語でベトナム語勉強中(今ココ)
  • ベトナム語を大学で学ぶ(移住後)
  • 英語もついでに学ぶ

 

ちなみに、ベトナムでは英語があまり通じないんですよ。8月にホーチミンの中心部行ったときもほぼ通じなくて、結局ベトナム人彼女にすべてお願いしました。

 

じゃあ、なぜ英語学ぶんだい?ってなると、英語は使えて当たり前のスキルだと日々実感するからです。おまけにプログラミングの最先端情報は英語だし。

 

今は優先順位が下なので、とりま日本にいるうちは勉強しません。ホーチミンの大学でやります。

 

まとめ

てことでまとめます。

  • ベトナムで仕事はどうするか
  • ベトナム人との結婚生活をお届け
  • ベトナムのローカル飯を追求
  • 大学でプログラミングを学ぶ
  • ベトナム語は生活必需品だ
  • 英語をベトナム語で学びます

人生のんびり楽しみながら、一歩ずつ前に進みます^^

 

今回は以上です

つづく

ホーチミンスクエア

2020年はベトナム移住&ベトナム人彼女と結婚します。

2019年12月30日




シェアしてくれると嬉しいです