ベトナム語の勉強に使っているもの【本・Youtube】

先日、ベトナム語の勉強を再スタートした話をブログに書きましたが、手ごたえをつかみ始めてるのでご報告。

 

そのときのツイートがこれ↓

最近ベトナム語のリスニングはお笑い番組を見てるんだけど、意味はほぼ理解できんがホーチミンの発音ってことはわかった。 ベトナム人彼女がホーチミンの人で、アルファベットの発音も彼女に習ったからだね。文法・単語用のテキストがハノイの発音だから、聞いて区別できるようになってる。

 

発音や単語・文法については順調ですね。

 

ベトナム語の勉強に使っているもの

おすすめのYouTubeチャンネル

今回ご紹介するのは、私が色々試して効果を実感している本やYoutubeチャンネルです。よかったら参考にしてください。

 

  • リスニングに使っているチャンネル2つ
  • 単語・文法はこの本がおすすめ

 

リスニングに使っているチャンネル2つ

リスニングはお笑い番組やユーチューバーがおすすめ。理由はネイティブの自然な表現・スピード・発音を体感できるから。

 

てことで、下記の2つをご紹介。

  1. GIANG VŨ
  2. Hài Official

ちなみに、GIANG VŨは北部の発音、Hài Officialは南部の発音です。

 

1.GIANG VŨ

ベトナム人 Youtuber

GIANG VŨ

日本の大学に通っている留学生で、日本語試験のN1(一番難しい)を取得していて日本語も上手。

 

ベトナム人向けに日本での留学生活や日常を動画にしていて、コンテンツも楽しく発音もきれいなのでリスニング学習に活用しています。

 

私の好きな動画はこれ↓

“シクロに乗ってみた”はベトナムでのぼったくりのリアルが見れるので、かなり面白いですよ。

 

もう一つのほうは、GIANGさんがN1に合格したときの話ですね。超難関の試験をどう攻略したかを話してくれてるので、その勉強法はベトナム語学習にも役立ちます。

 

2.Hài Official

ベトナムのお笑い番組

Hài Official

ベトナム人の同僚に教えてもらった番組で、Hài は日本語で「喜劇」という意味。こちらのチャンネルは南部の発音ですね。

 

日本では南部の発音の参考書が手に入らなかったですが、来年ホーチミンに住む私にとってすごく役に立ちます。

 

目的によって使い分けてください^^

 

単語・文法はこの本がおすすめ

例文が豊富なのも魅力!

『たったの72パターンでこんなに話せるベトナム語会話』という参考書がとてもわかりやすいです。

 

この参考書のポイントは4つ

  • 例文が豊富
  • 基礎から応用まで学べる
  • 頻出単語もたくさん
  • 音読をするのが重要

 

✓例文が豊富

この本は例文が豊富で、ひとつの文法に対して5~8個くらいあるかな。これだけあると、実際の場面をイメージしながらいろんな練習ができますね。

 

✓基礎から応用まで学べる

また、基本形に加えて否定形や疑問形のパターンもあり、基礎から応用まで学べます。おかげで、ベトナム人彼女とMessengerやビデオ通話するときに会話の幅がひろがりました^^

 

✓頻出単語もたくさん

上記で例文が豊富と言いましたが、これはつまり、出てくる単語の量も増えますね。しかも日常で使える頻出単語が多く非常にありがたいです。

 

巻頭に人称代名詞や数字、動詞、形容詞などなど、他にも基本中の基本といえる単語がたくさん掲載されています。

 

✓音読をするのが重要

当然ですが音読をするのが重要。私の実感として、読み書きやリスニングよりも音読のほうが上達スピードがあがります。

 

ちなみに、音読で意識してるのは発音と場面をイメージすること。これにより発音・単語・文法・リスニングすべての領域で向上しますね。5時間聞き流すより1時間音読がはるかに効果的。

 

音読は重要です!

ベトナム語の勉強はアルファベットから

ベトナム語の勉強はこの3つから始めよう

2019年7月17日

 

ネイティブの友達or恋人はぜひほしい

ベトナム人の友達を作ろう

ベトナム語を独学するには、ネイティブの友達or恋人はぜひほしいですね。

 

理由はふたつ

  • 理由①:発音のチェックをしてもらう
  • 理由②:自然な表現を知ることができる

順番に解説します。

 

理由①:発音のチェックをしてもらう

ベトナム語のアルファベットの発音と声調は、ネイティブにチェックしてもらうのが必須です。ベトナム人の友達or恋人をつくるのがいいですね。

 

ベトナム語は声調ひとつ間違えるだけでまったく違う意味になり、「何言ってんだコイツ?」みたいな反応されます。しかも独学で勉強するにはかなり難しい。

 

たとえば、tôi(私) と tối(夜、暗い)。

両方ともカタカナで表記すると ”トイ”という発音ですが、実際は声調があるので tôi は平たん、tối は音が上がります。

 

これは文字じゃ理解できないので、ネイティブに正しい発音をチェックしてもらう必要があります。

 

理由②:自然な表現を知ることができる

ネイティブの友達や恋人がいると自然な表現を知ることができます。これはめちゃめちゃ大事ですよね。

 

参考書や学習サイトに出てくる表現は、形式的というか文語体ばかり。基本は学べますが実戦会話では違和感があります。会話力を向上させるなら、より自然な口語体を覚えたいところです。

 

そんな時、ベトナム人の友達や恋人がいると、ネイティブが日常的に話している言葉を知ることができます。私も普段は参考書で勉強しますが、ベトナム人彼女とビデオ通話するとき、必ず自然な表現に直してもらってます。

ベトナム語習得の4パターン

ベトナム人の日本語学習を聞いてみた【4パターン】

2019年8月1日

 

てことで日々勉強し続けます

こんな感じで、今回はおわります。

 

発音や文法にようやく慣れてきましたが、まだまだ私のベトナム語力はひよっこ。しかしベトナム移住には余裕で間に合いそうです。

 

今後もベトナム語の勉強にコミットして、日々勉強し続けます。

ベトナム語の勉強を再スタート

ベトナム語の勉強を再スタート【短期集中が重要】

2019年11月7日

シェアしてくれると嬉しいです