ベトナム語の難しさと学習のポイント

ベトナム語のむずかしさ

今月から毎日ベトナム語のレッスンを受けてます。

そこで感じたベトナム語の難しさを書きます。

 

今日のテーマ↓

  • ベトナム語は何が難しい?
  • 学習のポイントはこれ!

難しいほど攻略が楽しいよね!

 

ベトナム語は何が難しい?

プログラミング講師
  1. アルファベット
  2. 6種類の声調
  3. 文法は案外わかりやすい

それでは見ていきましょう。

 

①アルファベット

日本語の母音よりも数が多いし、そもそも日本語には無い音があるので、発音するのも聞き取るのもめちゃ難しいです。

 

子音についても、アルファベット使ってるから「英語と同じ発音でしょ?」と思いきや、違うものがけっこうあります。

  • 英語と同じ:b, c, ch, g, k, l, m, n, q, s, v
  • 英語と違う:d,đ,gh,gi,h,kh,ng,nh,ph,r,t,th,tr,x

※発音は独学よりネイティブに学ぶことをおススメします。

 

しかも、ハノイがある北部とホーチミンがある南部で一部の子音が発音違ったり。同じベトナムなのに。。

 

私の先生は北部出身、ベトナム人彼女は南部出身なので時々「あれ?先生と発音少しちがうな。」と感じます。

 

②6種類の声調

これがかなりの強敵です。いや、ベトナム語学習において最強の敵かも。アルファベットの綴りは同じでも、声調によって全く意味が違いますからね。

 

中には、声調間違えるだけで下ネタになります。気をつけましょう。私は一度、ベトナム人女性に対してこの声調間違いをやってしまいました。

仲のいい友達だから笑って許してくれましたが。

 

アルファベットと声調については、下記の記事でおススメ動画を紹介しています↓

ベトナム語の勉強はこの3つから始めよう

※以前紹介した動画がリンク切れになってたので更新しました。

 

アルファベット・声調ともに学習初期に徹底的に練習しておくことをおススメします。ネイティブが発する音と口の動きを真似して、何度も何度もです。

 

③文法は案外わかりやすい

発音はとてもとても難しいのですが、学習してみると文法は案外わかりやすいです。独学してた学習初期も、文法ではあまり躓いたことはないです。

 

なぜわかりやすいか、それは「時制による動詞の変化がない」から。英語みたいに現在形・過去形・未来形・過去分詞・現在進行形、、、と、動詞があれこれ変身しません。これは非常にありがたい。

 

動詞の前に、未来を表す「sẽ」・過去を表す「đã」・進行形を表す「đang」をつけることで時制を判断します。ただ、「hôm qua(昨日)」や「ngày mai(明日)」みたいな言葉があれば、これらも省きます。

 

なので、文法は覚えれば覚えるほどそのまま表現が広がっていきます。難しいのは発音ですね。

 

学習のポイントはこれ!

ベトナム人 Youtuber
  1. 発音はネイティブに習う
  2. 語彙・文法は音読で慣れる
  3. Youtubeでリスニング

順番に説明します。

 

①発音はネイティブに習う

発音はネイティブに学びましょう。特に母音・子音・声調を学習初期に。ベトナム語で会話できることが目標なら必須です。本で独学は無理ゲーだと思います。

 

1番おすすめなのはオンラインレッスンです。「ベトナム語 オンラインレッスン」で調べたらたくさん出てきます。私はVVレッスンを利用しています。

VVレッスンの担当制レッスンがおすすめ【平日週5回×50分】

 

母音・子音・声調の発音を徹底的に練習することで、リスニング力もあがります。ベトナム人講師の発音をたくさん聞いて真似するのがいいです。できれば毎日。

 

ベトナム語はとにかく発音がめちゃめちゃ重要なので、発音に焦点を絞って徹底的に鍛えたほうがよいです。やりがちな読み書き中心の学習は、やればやるほど会話力から遠のきます。

 

②語彙・文法は音読で慣れる

繰り返しますが、ベトナム語は発音中心で練習します。語彙・文法も書いて覚えるのではなく、音読で数こなして’慣れる’ことをおすすめします。

 

テキストで単語や文法をたくさん覚えたくなりますが、音に慣れるのが大事です。私はネイティブ講師に正しい発音を学んで、レッスン以外の時間も声を出して何度も練習しています。

 

ポイントは、会話例やフレーズなどを音読するときひとつずつの単語の意味は気にせず、全体の内容を意識することですね。単語&文法ともに慣れてきます。

 

③YouTubeでリスニング

YouTubeでリスニングするのがとってもおススメ。観るのはベトナム人のYoutuberがいいです。目的は「ネイティブの音やリズムに慣れる」です。

 

オンラインレッスンや音読練習した成果をリスニングで試す意味もあります。最近よく観てるチャンネルをいくつかご紹介します↓

 

Youtube観るときは、まず楽しんでください。聞き取ってやろう!と意気込まなくてよいです。音やリズムに慣れつつ動画を楽しめば大丈夫です。

 

まとめ

てことでまとめます。

  • ベトナム語学習の難しさ↓
  • アルファベットの発音
  • 6種類の声調が強敵
  • 文法はわかりやすい
  • ベトナム語学習のポイント↓
  • 発音はネイティブに学ぶ
  • 語彙・文法は音読で慣れる
  • YouTubeでリスニング

 

今回は以上です。

つづく




シェアしてくれると嬉しいです