いよいよホーチミンに飛び立ちます【ベトナム移住】

いざホーチミンへ

LCCのベトジェットで最安値でゲット。

4月にベトナム ホーチミンに移住します。

 

先日のツイート↓

ホーチミン行きのチケット購入しました。ベトジェットで関西空港→タンソンニャット空港。

料金は¥13,970やはりLCCは安いですね。

ベトナムに移住するので、もちろん片道チケット。荷物も最低限。4月に飛び立ちます。

まだまだ準備することたくさんあるから、コツコツ処理していこう。

まずは観光ビザでの滞在となりますが、次の手も既に考えてあります。

 

ホーチミン行きの日が決定

ベトジェットエアでベトナム初旅行
  1. いよいよベトナムホーチミンに移住
  2. ベトジェットが圧倒的に安い
  3. 今回も関西国際空港で空港泊します

それでは見ていきましょう。

 

①いよいよベトナムホーチミンに移住

昨年の6月からベトナム移住を目標にしてきました。ようやくそれが達成できます。仕事の契約があるため、ベトナムホーチミンに飛び立つのは4月中旬です。

 

最重要項目の仕事もリモートワークが決まっているし、狙い通りほぼ最安値で航空券が手に入るし、あとは観光ビザや活動拠点の確保が課題となりました。

 

また、遠距離のまま待たせているベトナム人彼女。私がベトナムに移り住むのをずーっと待ってくれていて、よく「ひかるさん私は寂しいです」と言われます。

 

周囲の人に、「ベトナムは大変だよ、彼女を日本に呼べばいいじゃん」とか「結婚したら日本に戻ってきたほうがいいよ」とか言われながら、自分の信念を曲げずにまっすぐ進んできました。

 

人生において大きな大きな決断。(7割くらいはノリですが)。これからの人生は、仕事も恋愛も勉強もベトナムで思いきり楽しんでまいります。

 

とはいえ、時々彼女を連れて日本旅行するかも。

 

②ベトジェットが圧倒的に安い

遅延が多いと聞くベトジェットですが、私は時間をまったく気にしないし安さ大優先です。普段から航空券が安いベトジェット、なんと今回は込み込みで13,970円(片道航空券)です。

 

私が選んだのは春休み明けの平日。需要が一気に減る時期なのでずっと狙っておりました。もちろん付加サービスは付けてません。食事無し&手荷物は7kgまでです。

 

ただ、前後の座席間が狭いので6時間座りっぱなしは疲れます。時間つぶしのアイテムと共にネックピロー(首枕)は必須ですね。前回、私はこの2種類を用意せず苦労しました。

 

時間つぶしのアイテムは、

  • kindleに本をダウンロード
  • プライム・ビデオをダウンロード

上記の2点で行きます。

 

③今回も関西国際空港で空港泊します

私は名古屋に住んでおり、最寄りの空港は中部国際空港(セントレア)です。ただ、悲しいことにセントレアからはベトジェットないんですよ。

 

てことで、昨年8月のベトナム初旅行に続き、今回も関西国際空港 ⇒ タンソンニャット空港となります。そして、前日に高速バスで大阪入りして空港泊します。

 

関西国際空港は施設が整ってるので、男一人なら空港泊もなかなか快適です。下記の記事で前回の空港泊について書いてます↓

関西国際空港

名古屋→関西国際空港をバスで行く【そのまま空港泊】

2019年9月13日

 

ビザはどうするか?

ベトジェット航空券
  1. 観光ビザで入国します
  2. 片道航空券じゃダメっぽい
  3. その後は就学ビザを狙う

順番に説明します。

 

①観光ビザで入国します

最初は観光ビザの3か月シングルを取得して入国します。シングルは入国一度のみ、マルチは出入国自由ですが、あえて背水の陣でいきます。逃げ道つくるとすぐ甘えちゃうタイプなので^^

 

その後のビザも手に入れる必要ありますから、ダラダラ時間を浪費せず、まずは3か月集中して生活基盤を作っていきます。ベトナム人彼女を長いこと待たせたし。

 

②片道航空券じゃダメっぽい

観光ビザは片道航空券だと入国拒否されるそうです。理由は不法滞在を防ぐため。考えてみれば当然でして、観光ビザってことは観光目的のはずなのに帰りの航空券が無いとか。

 

てことで、こうなりそう↓

✔︎普通に帰りの航空券を買う

普通にベトジェットで一番安い日の航空券を買う。調べてみると、日本の夏休み前くらいに込み込み13,000円くらいがありました。

 

ベトジェット含むLCCは基本キャンセル不可なので、購入代金は諦めることになります。それでも、入国の際に拒否されることはなくなります。

 

待ちに待ったベトナム移住。

余計なところでつまずきたくない。

 

もしかしたら、ベトナムでの婚姻手続きや、ベトナムの大学に入るために日本の書類が必要かもなので。その時に購入した航空券を使えばいいです。

 

一応、ダミーチケットの方法があるみたいだけど、やはり帰りの航空券買うのが確実そうです。

 

③その後は就学ビザを狙う

ベトナムに行ったらホーチミンの大学に通うつもりで、就学ビザを狙っています。

 

観光ビザの期限内(90日間)に、

  • 入学できる大学を見つけ
  • 必要書類と費用を用意して
  • 入学手続きを済ませ
  • 就学ビザを申請して手に入れる

すばやく行動していきます。

 

既に通いたいと思っている大学がひとつあり、自分の目で現地リサーチしてから留学エージェントを利用。ベトナムの大学は留学エージェントを利用すると、きちんと対応してくれるそう。

 

ちなみに、ベトナム人彼女と結婚したら配偶者ビザがもらえますが、結婚は秋ごろと考えていますので、やはり就学ビザの取得を狙っていきます。

 

まとめ

ここまでをまとめます。

  • いよいよホーチミンに飛び立つ
  • やはりベトジェットが安い
  • 今回も関空で空港泊するよ
  • 最初は観光ビザ3か月シングル
  • どうやら片道航空券じゃダメみたい
  • 就学ビザを狙ってるよ

とりまこんな状況です。

 

まだ改善の余地だらけなので、コツコツ&迅速に課題をクリアしていきます。何より今年の最大イベントはベトナム人彼女との結婚。

人生楽しみます^^

 

つづく

ホーチミンスクエア

2020年はベトナム移住&ベトナム人彼女と結婚します。

2019年12月30日




シェアしてくれると嬉しいです